うみそらひとことば

みんなの作品と言葉を貼り付けます! 私の写真も載せます!

家族・友だちその他

あなたへ

あなたへ 僕は今あなたに恋しています。心がものすごくドキドキしています。僕はあなたを思います。 ああ、これを素直に言いたいんですね。だったら、チャンスがあったら言いなさい。とはいうものの、世の中は簡単ではないので、勇気を振り絞って告白しても…

母へ、父へひとこと

母へ いつもありがとう。がんばっている姿を見ると自分もがんばれる気がします。 (私たちは、まわりの人の力で生かされています。実際にゴハンを食べさせてくれたり、見守ってもらったり、いつも私たちの力の源ですね!) お母さんへ この前、美味しいクレ…

友を見つけて……

★ 今までの自分からつながるこれからの自分 今までの私は、すごく情けない。なぜなら、逃げ道ばかり考えていたからだ。逃げることが正しいかのように屁理屈ばかり言って、何にも立ち向かおうとはしないタイプだった。小学校低学年までは割と陽気な性格で、友…

大切な友人

★ 大切な友人 私は今まで仲の良い友だちがいませんでした。 でも、高校に入り、初めは自分が話しかけに行くことはできなかったけど、クラスの子たちが話しかけてくれて、それから仲良くなりました。でも私は仲良くなってちょっとしてから、一人の友だちと一…

自粛で世界へ

★ コミュニケーションの大切さ 2020年の1月に緊急事態宣言が始まって、自粛をきっかけに私は世界とつながりました。自粛でひまだったので、私は新しいゲームをダウンロードしました。そのゲームはいとこもやっていて、いとこと毎回一緒に遊びました。そこで…

変わる! それを意識できたんですね!

★ 変わる 私は、中学のころはとても内気で人と話そうとしても何を話せば良いか考えすぎてしまって、結局は誰と話すこともなく中学校生活が終わりました。 中学校時代をほとんど家で過ごしていた私にとって高校なんて恐ろしくて考えたくもなかったけれど、少…

FB仲間の子ら

最近、フエイスブックに悪乗りして、つまらない朗読動画を三回ほど載せました。 もうつくづく自分のつまらない授業を笑い飛ばしてやろうと思って、載せてみたら、自分はおもしろかったんです。 たったの1~2分なんですけど、いっぱいつまらない言い訳をし…

地球って、なぁんだ? その1

地球って、なぁんだ? えっ、そんなこと書かなきゃいけないの? 地球、私が今いるところ、50億年の歳月、太陽系第三惑星、青い星、他には……。 1・地球を美しいと思うことは、たまにあります。特にどっか(どこか)違う、知らない場所に行った時とか、新しい…

ああコロナ、あっという間に1年、今もコロナ。

突然のコロナ休暇に学生は不安の波に押し潰(つぶ)される H・I みんな押しつぶされてたんだよね。 桜色ウイルスの色に染まりつつ窓越しに負けじと開く桜の蕾(つぼみ) S・S みんな気持ちは負けないで、立ち向かってたんでした。 春の陽を新葉と共に待ちわ…

春の短歌 1組の場合

★ 次の作品の中で、クラスからたくさんの支持を集めた作品はどれでしょう? 結果は少しザンネンだったんですけど。 ア・君のこといつも思うよ大好きだこれからもずっと一緒にいよう 定番の作品です。これを具体的に表現するのはムズカシイです。 イ・テスト…

卒業式がありました!

あっという間に終わってしまったけれど、もうみんなは金曜日に最後のお別れをしてたんですね。だから、みんなあっさり帰って行きましたね。 私は、金曜日昼からお休みを頂いてたので、みんながまだ名残惜しいことないかなと思ってたんですけど、そんなことは…

コロナ短歌 3-1の場合 6月時点

★ 3-1の「コロナ禍短歌」 さて、優勝した作品は? ア・さみしいな私があげたブランドの口紅つけずマスクをつける 女子 どんな子がこの作品を作ったのか、興味がありました。全く未知の子からの作品が届きました。 イ・カラオケに行きたい気持ち大変だ 爆発し…

あなたがくれた私の強み

★ あなたがくれた私の強み 女子 私は、どちらかというと内気な性格だ。これまで人の前に立ったり、皆を盛り上げるような活動は極力、避けていた。特に、中学生の頃は恥じらいの気持ちもありに、なかなか積極的になれなかった。 私には、何でも言い合える友だ…

卒業前の今、幸せは? その1

★ 幸せなんて、人に語るものではないのかもしれません。でも、言葉にしてみないと、気づかないときもありますから、時々「自分にとってしあわせとは?」と、自問自答しなくていけないかも。というわけで、何人かに聞いてみました! K:メシ食って風呂入って…

ふるさと イメージの中に!

将来に家を出ればふるさとが恋しくなるのが目に見えている 男子 その通り、ふるさとって、一度離れると、なかなか戻れない場合が多いんです。 徒歩二分近くの公園横切れば浮かぶ思い出なつかしく思う 女子 意外な感じでした。こういうカラッとした作品作れる…

思い出の海重なれば……

★ 2020秋の歌会 3-3 優勝 愛す人思い出の海重なれば愛を教えた恋の風景 R これは、どんな風景? 思い出が何度も重なった、ということなのかな。何度も海に行ったんですね! 準優勝 授業中秋の気温は心地よく眠りを誘う午後十四時 H 古典的な授業中短歌です…

窓の外これを見るのももうあと少し

★ 2020・10・6(火)の3年生の短歌 * 3-1の歌会 優勝 学校に来るとき見ている窓の外これを見るのももうあと少し R みんなもいい作品を優勝にしてくれました。みんなバス通学なんですね。何気ない窓の外、みんなそれよりも小さなスマホを見るので忙しいと思…

今の自分がいて、今の自分ができること

題名「 今の自分がいて、今の自分ができること 」 私は、今だからできることがたくさんあると思います。この17年の中で色んな事を学んだり、出会いがあったり、体験・経験があったからこそ、今の自分がいて、今の自分しかできないことがあるかなと考えてい…

姉に生まれて幸せです!

私は、三人姉弟の一番上である姉として生まれました。ちなみに弟との差は四年です。そして弟は双子で、今年中学校に入学したばかりのぴちぴちの中1です。とてもかわいい。 私は世間一般でいうブラコンに身を置いています。なぜ今、この場でこんなことを言う…

祖母のこと

★ 祖母 私には祖母がいる。そんな祖母がある時、足を悪くし、しばらくの間、病院に入院してしまった。その時はまだ学校とかもあり、忙しくて病院に行く暇がなかった。でもある日、たまたま予定があったので祖母に久しぶりに会いに行った。 病院に行くと、祖…

あなたがくれた私の強み

★ あなたがくれた私の強み 私は、どちらかというと内気な性格だ。これまで人の前に立ったり、皆を盛り上げるような活動は極力、避けていた。特に、中学生の頃は恥じらいの気持ちもありに、なかなか積極的になれなかった。 私には、何でも言い合える友だちが…

あなたがくれた私の強み

題名「 あなたがくれた私の強み 」 R・K 私は、どちらかというと内気な性格だ。これまで人の前に立ったり、皆を盛り上げるような活動は極力、避けていた。特に、中学生の頃は恥じらいの気持ちもあり、なかなか積極的になれなかった。 私には、何でも言い合…

積もり積もって コロナ短歌

36・春の陽を新葉と共に待ちわびてともに集えし一本桜に 野球部の子なんですね。だから、こういう言葉づかいにチャレンジしたわけだ。新葉を「わかば」と読ませるのは今風ですね。 37・顔合わせするより今はオンライン早く見たいな友達の顔 わからないなあ。…

コロナ短歌 その6

26・顔合わせするより今はオンライン早く見たいな友達の顔 来週、ようやくみんなに会えますよ。その有り難さを感じて、新しい自分になれるかな。いや、なりたいですね。 27・コロナでもしっかり届く送り物積もり募って期日を迫る 「休講期間中の課題について…

コロナの短歌 その5 3-3

21・オンライン上だけ制服下パジャマ終わればすぐにベッドへダイブ みんなリラックスしてオンラインなんだね。気持ちはなかなか切り替えられないよな。でも、少しずつ体をならしていかなくては! 22・今年こそ遂に行けると喜んだライブ無くなるコロナウイル…

コロナをうたう その4 3-2と3

16・突然で 寝てメシ課題この三つ コロナで会えぬ友に会いたい 人間は「寝て、メシ食べて、お仕事する」というのが当たり前ですけど、それだけではダメなんですよね。人との関係が必要なんだ! 17・ウイルスの 予防や対策 しっかりと かかるものかと 気を張り…

コロナ禍の短歌 3-1&2

6・友達と リモート会議は 楽しくて通話時間は 常に更新 通話時間の長さがどんどん長くなるという解釈でよろしいですか? オッチャンにはわからないことがたくさんです。また、教えてください。 7・日々日常を、変えてしまった、ウイルスよ、いもうととする…

女の子がふたり

作者は、左の子が2年生、右の子が3年生です。 みんな同じように、この穏やかなんだけど、気分が重い空気の中を生きています。 でも、6月から、新たな気分であと10ヶ月、頑張ることでしょう。 それは、みんな同じ。とにかく、リセットして、淡々と自分らし…

調味料を使うコツ  女子 2009

★ 調味料を使うコツ 女子 2009 私は、とても濃い口です。 だから、料理を作る時も、食べる時も、濃い味になってしまいます。 小さい頃の話です。友だちと会話をしている時に、ウインナーや目玉焼きに何をかけるかという話題が出ました。たくさんの友だちの意…

2018夏、個人的な思い出

次から次と強敵を撃破し、7月25日、うちのガッコーは県大会で優勝しました。その晩から、わざわざ東京から取材の人たちがやってきたものでした。 話題性があったようです。ずっと負け続けていたポンコツ高校、県内で偏差値も最低のガッコー、そうした逆境を…